ラスベガス・サンズ 第1回横浜統合型リゾート展の賑わいに貢献

ラスベガス・サンズは、1月29日から2日間にわたって開催された「第1回[横浜]統合型リゾート産業展」に出展しました。同産業展は横浜市のパシフィコ横浜で行われ、主催者発表によると2日間で延べ9,600人を超える来場者で賑わいました。

ラスベガス・サンズは、40年にわたり世界中で8つの統合型リゾートを開発・運営しており、会場ではその経験と実績に関する展示を行いました。また、日本におけるジャズ発祥の地と言われる横浜のイメージに合わせて、同社が誇るエンターテイメントチームによる世界トップレベルのショーを上演しました。

ラスベガス・サンズのグローバル開発担当マネージング・ディレクターで、同社がシンガポールに所有するマリーナベイ・サンズの社長兼CEOも兼務するジョージ・タナシェヴィッチは、会場内で講演を行い、ラスベガス・サンズの横浜での統合型リゾート運営に対する強い意欲について語りました。



ラスベガス・サンズに関する報道関係者お問い合わせ窓口
広報(アジア):queryasia@marinabaysands.com web:Sandsjapan.com

PDFをダウンロード(日本語)

  • 20200130_picture1.jpg
    ラスベガス・サンズ専属エンターテイメントチームによる、ミュージカル「シカゴ」の演目「Razzle Dazzle(ラズル・ダズル)」の公演
    20200130_picture2.jpg
    ミュージカル「シカゴ」の演目「All That Jazz(オール・ザット・ジャズ)」公演の一コマ
    20200130_picture3.jpg
    ヒップホップ世界大会「ヒップホップ・ダンス・チャンピオンシップ」で三度の優勝経験をもつ神奈川県出身ダンスグループ「Kana-Boon!(カナブーン)」によるパフォーマンス
    20200130_picture4.jpg
    ラスベガス・サンズ グローバル開発担当マネージング・ディレクターのジョージ・タナシェヴィッチによる講演。「当社の現地調達方針により、横浜の地場企業に恩恵がもたらされます