ラスベガス・サンズ 2019年度第3四半期の実績を発表

2019年10月23日(米国時間)発表– ラスベガス・サンズ(本社:米国ネバダ州ラスベガス/NYSE:LVS)は、2019年第3四半期実績(2019年7月1日〜9月30日)を下記の通り発表いたしました。

  • 純売上高は前年同期から3.6%減の32億5,000万USドル
  • 営業利益は2.5%減の8億9,900万USドル
  • 純利益は4.3%減の6億6,900万USドル
  • 連結調整後プロパティEBITDAは前年同期と変わらず12億8,000万USドル
  • 保留正規化調整後プロパティEBITDAは3.0%減の12億5,000万USドル
  • (注)2018年9月30日締め第3四半期実績と比較

第3四半期概況(抜粋)

会長兼CEOであるシェルドン・G・アデルソンは、以下のように述べています。

「第3四半期にも確実な業績を挙げることができ、調整後プロパティEBITDAは12億8,000万USドルに達しました。アジアでの今後の成長機会には引き続き大きな期待を寄せています。来年にはマカオ・フォーシーズンズとザ・ロンドナー・マカオの2つの完成により、約200万平方フィートの高級スイートホテルがコタイストリップに生まれます。ザ・ロンドナー・マカオには、2020年から2021年に掛けてさらに観光客向け施設とエンターテインメント施設を追加する計画です。それ以降はシンガポールのマリーナベイ・サンズ拡張によりスイートの収容能力が40%拡大し、また最先端のエンターテインメント施設の導入を計画しており、いずれも将来の成長に貢献すると期待しています。さらに日本を含む新しい市場での開発機会も積極的に追求しています。」

さらに詳細な情報については、下記の米国サイトをご参照ください。
https://s21.q4cdn.com/635845646/files/doc_financials/2019/Q3/LVS-3Q19-Earnings-Release.pdf

ラスベガス・サンズに関する報道関係者お問い合わせ窓口
広報(アジア):queryasia@marinabaysands.com web:Sandsjapan.com

  • ラスベガス・サンズ