odf プレスリリース | Las Vegas Sands
 

ラスベガス・サンズ SUMMER SONIC 2019大阪に協賛

~世界最高の音楽エンターテイメントを大阪へ、サンズが約束~

ラスベガス・サンズは、2019年8月16日(金)から8月18日(日)までの3日間、大阪・舞洲SONIC PARKで開催する「SUMMER SONIC 2019」に協賛することを発表しました。

エンターテイメントとMICEを中心とした8つの統合型リゾートを世界で展開するラスベガス・サンズは、今年20周年を迎えることを記念し3日間に拡大して開催する日本最大級の都市型ロックフェスティバル「SUMMER SONIC 2019」大阪を、メインスポンサーの一社としてサポートします。

SUMMER SONICは、毎年、東京会場と大阪会場の2箇所で開催され、10万人以上を動員しています。主催社のクリエイティブマンプロダクションは、今年のSUMMER SONICも最高のパフォーマーが観客を熱狂させることを確信しています。イベントには日本人としては初となるヘッドライナーを務めるB'zの他、10-FEET、BABY METAL、レッド・ホット・チリ・ペッパーズ、ザ・チェインスモーカーズの出演が決定しています。東京公演チケットは全券種完売し、大阪公演チケットも残りわずかとなっています。

クリエイティブマンプロダクション 代表取締役社長の清水直樹氏は、次のように述べています。「20周年を記念するSUMMER SONIC2019大阪会場をサポートいただき、大変嬉しく感じています。ラスベガス・サンズは、音楽とエンターテイメントにおいて非常に豊富でダイナミックな歴史があります。私たちはラスベガス・サンズが描く大阪のビジョンを楽しみにしています。」

ラスベガス・サンズ グローバル開発担当マネージング・ディレクター、マリーナベイ・サンズ 社長兼CEOのジョージ・タナシェヴィッチは、次のように述べています。「ラスベガス・サンズは大阪の統合型リゾートにどのようなエンターテイメント会場やイベントを提案すべきか熱意をもって検討しています。日本で最も成功している大規模な音楽フェスティバルに一員として携る機会を通して、音楽ファンや地元のエンターテイメント市場についてさらに理解を深めることができればと考えております。」

彼は次のように加えました。「音楽は、サンズが統合型リゾートで提供している代表的なエンターテイメントです。音楽とエンターテイメントを活用し、観光客と地域住民の両方にとって魅力あるイベントを当社が大阪で計画していくにあたって、SUMMER SONICはまさに理想的なフェスティバルだと考えています。ラスベガス・サンズは、当社のグローバルなネットワークやエンターテイメントの知見を大阪と共有し、地元のアーティストやイベントをサポートすることを通して、大阪の音楽とエンターテイメント産業に長期的に貢献してまいりたいと考えております。そしてもし当社がその機会をいただければ、大阪の統合型リゾートに世界最高レベルのパフォーマンス会場を組み込みたいと考えております。」


お問い合わせ窓口

queryasia@marinabaysands.com

web: Sandsjapan.com


PDFをダウンロード(日本語)

  • ラスベガス・サンズ