ラスベガス・サンズ2017年度第3四半期の実績を発表

2017年10月25日(米国時間)発表– ラスベガス・サンズ(本社:米国ネバダ州ラスベガス/NYSE:LVS)は、2017年第3四半期実績(2017年7月1日~9月30日)を下記の通り発表いたしました。

  • 連結純収益は7.7%増の32.0億USドル
  • 純利益は13.0%増の6億8,500万USドル
  • 調整後プロパティEBITDAは6.0%増の12億1,000万USドル、保留正規化調整後プロパティEBITDAは10.4%増の11億8,000万USドル
  • マカオでは調整後プロパティEBITDAが3.8%増の6億5,200万USドル、保留正規化調整後プロパティEBITDAは11.1%増の6億4,200万USドル
  • シンガポールのマリーナベイ・サンズでは、調整後プロパティEBITDAが13.0%増の4億4,200万USドル、保留正規化調整後プロパティEBITDAは11.4%増の4億1,000万USドル
  • ラスベガスにおける営業中の資産については、調整後プロパティEBITDAが11.6%減の7,600万USドル、保留正規化調整後プロパティEBITDAは2.3%増の9,000万USドル
  • (注)2016年9月30日締めの前年四半期実績と比較

第3四半期概況

会長兼CEOであるシェルドン・G・アデルソンは、以下のように述べています。

「マカオとシンガポールの両方が牽引役となり、当四半期にも力強い業績を達成したことを喜ばしく思っています。調整後プロパティEBITDAが12億1,000万USドルに達し、また保留正規化調整後プロパティEBITDAが10.4%に拡大したことにより、当社のコンベンション中心の統合型リゾートのビジネスモデルが引き続き業績の主な推進要因であることが明らかになりました。」

「マカオの市況は引き続き回復しており、サンズ・チャイナのマスゲーミングとVIPゲーミング部門の成長率はいずれもマカオ市場全体を上回りました。ゲーミングの好調な業績がホテル稼働率および小売モールからの売り上げ増加と組み合わさった結果、調整後プロパティEBITDAは2014年第4四半期以来の好業績となる6億5,200万USドルに達しました。」

「ザ・パリジャン・マカオの好調な集客状況がすべての部門での大きな成長に貢献し、当四半期の調整後プロパティEBITDAは直前期から27.4%増の1億3,500万USドルとなりました。今やコタイ地区を訪問する人々が『必ず行くべき場所』として確立したザ・パリジャン・マカオでは、集客数、ホテル稼働率、平均客室単価、およびゲーミング金額がいずれも直前期から拡大し、またマスゲーミングでの1日あたり258万USドルの利益は当施設が昨年開業して以来の最高額となりました。ザ・パリジャン・マカオが提供する内容を、進化するマカオ市場のすべてのセグメントにさらに合わせることにより、今後も当施設の成長が継続すると期待しています。」

「マカオには2002年以来130億USドルを超える投資を行い、マカオの多様化とビジネスおよびレジャー旅行先としての魅力に一貫して貢献してきましたが、今後も成長と進化を続けるこの市場には巨大な機会が存在すると考えています。したがって今後3年の間に、サンズ・コタイ・セントラルとフォーシーズンズホテルマカオを含む、マカオの施設にさらに11億USドルを超える投資を行うことに大きな興奮を覚えています。この投資の大半は、サンズ・コタイ・セントラルを拡張、改装、およびブランド変更し、新しい統合型リゾートであるザ・ロンドナー・マカオとするプロジェクトに対して行われます。ザ・ロンドナー・マカオには、ロンドンで最も著名ないくつかのランドマーク、拡張しイメージを刷新した小売モール、および新しい350室のラグジャリースイートから構成されたセント・レジス タワースイートを含む、ロンドンからのダイナミックかつ新しいアトラクションと設備が加わります。またフォーシーズンズホテルマカオにも、295室のスイートが別棟のフォーシーズンズホテルタワースイートとして新たに加わります。」

「マカオの統合型リゾートに対して市場をリードする投資を継続するとともに、中国全土に向けた、アジアをリードするビジネスおよびレジャー旅行先としてのマカオのマーケティングも継続します。コタイ地区でのプロパティポートフォリオが、経済的多様化、ビジネスおよびレジャー旅行者数の拡大、および成長のためのより優れたプラットフォームとして、マカオに今後大きな貢献を行っていくことを確信しています。」

「マリーナベイ・サンズは当四半期に再び卓越した業績を計上し、調整後プロパティEBITDAは13%増の4億4,200万USドルに達しました。マリーナベイ・サンズの革新的なプログラム、マスゲーミング部門での売り上げ、および非ゲーミング部門での売上がこの業界をリードする施設の継続的な成功を支え、またVIPゲーミング部門での金額拡大とコスト規律の維持が好調な業績に貢献しました。EBITDAマージンは当四半期に440ベーシスポイント拡大し55.7%に達しました。当社のコンベンション中心の統合型リゾートのビジネスモデルによる経済的好影響と、観光、雇用、およびGDP成長への直接的な貢献の導入を検討する、他の都市や国にとっての参考としてマリーナベイ・サンズを確立できたことを喜ばしく思っています。」

さらに詳細な情報については、下記の米国サイトをご参照ください。

https://investor.sands.com/ir-home/press-releases/news-details/2017/Las-Vegas-Sands-Reports-Third-Quarter-2017-Results/default.aspx

  • ラスベガス・サンズ