ラスベガス・サンズ、2015年度第1四半期の実績を発表

米国時間2015年4月22日発表- ラスベガス・サンズ(本社:米国ネバダ州ラスベガス/ NYSE: LVS)は、2015年第1四半期実績 (2015年1月1日~3月31日) を、下記の通り発表いたしました。

  • 売上高は30億1千万USドルを達成
  • 連結調整後資産EBITDAは10億5千万USドル
  • 連結調整後資産EBITDAマージンは34.9%
  • シンガポールにおけるマリーナベイ・サンズの調整後資産EBITDAは4億1530万USドル(マリーナベイ・サンズの調整後資産EBITDAは恒常通貨ベースで 0.2% 増)
  • 支払い配当金は、42.9%増加し、一株当たり 0.50 USドル
  • 希薄化後一株当たり調整後利益は0.66 USドル
  • 配当金は 30.0% 増の一株当たり0.65 USドル

第1四半期概況

会長兼CEOであるシェルドン・G・アデルソンは、以下のように述べています。
「マカオでのハイエンドゲーミングの事業環境は今期も厳しい状況にありましたが、高利益率分野および非ゲーミングセグメントへの注力と、キャッシュフローの地域分散により、10億USドルを上回る調整後資産EBITDAを達成することができました。マカオ市場での逆風はありますが、ラスベガスサンズは、我々の強みである会議やコンベンションなどのMICEを中心とした統合型リゾート(IR)というビジネスモデルに注力し、一貫してグローバル成長戦略を遂行していきます。」

PDFをダウンロード

さらに詳細な情報については、下記の米国サイトをご参照ください。
http://investor.sands.com/

  • ラスベガス・サンズ