ラスベガス・サンズ、アジアに向けて、デビッド・ベッカム氏を起用したマーケティングキャンペーンを大々的に展開

2015年3月12日– グローバルに展開する統合型リゾートデベロッパーであるラスベガス・サンズ(本社:米国ネバダ州ラスベガス/ NYSE: LVS)は、アジアにおける2か所のフラグシップ施設、ベネチアン・マカオとマリーナベイ・サンズのマーケティングキャンペーンを開始いたしました。

数百万ドル規模で展開される「Never Settle (読み:ネバーセトル) ~とどまることを知らない~」 キャンペーンには、「サンズ・アンバサダー」でもあるデビッド・ベッカム氏を起用し、アメリカを拠点に活動する映像作家であり写真家でもあるアンソニー・マンドラー氏がクリエイティブのディレクターを務めました。

デビット・ベッカム氏が、サンズブランドの象徴的な施設である、ショッピング、ダイニング、そしてエンターテイメントをフィーチャーし、その最高の体験を表現しています。

ラスベガス・サンズは、世界3大ゲーミング市場である、ラスベガス、マカオおよびシンガポールにおいて 8か所の施設を所有し運営しています。中でも、ザ・ベネチアン・マカオとマリーナベイ・サンズは、今日世界で最も成功し高い収益性を誇る統合型リゾートです。

「Never Settle」キャンペーンは、雑誌やオンラインを介して行われ、ベネチアン・マカオでは2月12日よりマカオと中華圏において、また、マリーナベイ・サンズのキャンペーンは、中国と東南アジアで3月12日から開始されます。

ベネチアン・マカオ:

http://venetianmacao.com/david-beckham

マリーナベイ・サンズ:

http://marinabaysands.com/david-beckham
  • ベネチアン・マカオ
                 
    マリーナベイ・サンズ