10周年を迎える滝沢秀明さん主演舞台「滝沢歌舞伎」

マリーナベイ・サンズで同作初の海外公演が決定!

タッキーこと滝沢秀明さんが主演・演出する人気舞台「滝沢歌舞伎 10th Anniversary」が、今年8月18~23日にシンガポールで初の海外公演を行うことが発表されました。会場はマリーナベイ・サンズの「グランドシアター」。タッキー自らが劇場に足を運び設備などの確認を行い、念願の海外公演の場所を決定したということです。ジャニーズの舞台の海外進出は初めてで、滝沢さん自身が熱望していた海外公演が、ついにマリーナベイ・サンズで実現します。

客席の上を縦横無尽に飛ぶフライング、MASK、DANCE、大人数での圧巻の和太鼓演奏など、滝沢さん流のアレンジを加えた歌舞伎の名場面をシンガポールで待つアジアのファンの皆さんの前で披露されることとなります。また、シンガポール公演では「日本の四季」を、目に見える表現上だけでなはなく、肌で感じることができるような形で表現されるということです。たとえば「冬」の演出には、シンガポールでは見ることのない雪を実際に降らせ、観客に雪の冷たさまでも感じてもらえるようなものにしたい、と滝沢さん自ら語っていました。

また、滝沢さんは、「『滝沢歌舞伎』というのは大掛かりな仕掛けが多く、これを海外に持って行くというのは本当に大変なことなんですが、この仕掛けに対応できる会場をシンガポールで見つけることができて、海外公演ができるということで、僕自身も本当にうれしく思っています。」と語っていました。

  • 滝沢歌舞伎
    「滝沢歌舞伎10th Anniversary」制作発表会、主催者である松竹株式会社取締役副社長 演劇本部長 安孫子正氏