シンガポールの統合型リゾート

サンズがシンガポールで展開するマリーナベイ・サンズは、世界で最も成功を収めた統合型リゾートの一つとして位置づけられています。今やシンガポールの象徴となった、3棟55階建て計2,561室のタワーホテル、その最上階に設置された空に浮かんでいるかのようなインフィニティ―プール(屋上プール施設)、さらには4万5,000人を収容できるMICEを備えています。

マリーナベイ・サンズ:外観

マリーナベイ・サンズ:外観

事業開始2010年の4月にシンガポールにオープン

シンガポールへの経済貢献

  • 56億USドルの投資*1

  • 53億USドルの納税
    (カジノ入場税は含まず)*2

  • 37億USドル相当の購買実績*2

  • 4万6千人2015年までに
    46,000人の雇用創出*3

  • 1.25%2015年GDPへ
    1.25%の貢献*3

*1 2010年為替レートで換算
*2 2010年~2018年。2018年為替レートで換算
*3 出典:『エンライト・スコット&アソシエーツ」の調査

シンガポールへの貢献

観光客の入国数(百万人)

観光事業収入(億シンガポールドル)

出典:シンガポール政府観光局
*2010年に2つの「統合型リゾート」が開業

ギャンブル率およびギャンブル依存率(%)

出典:ギャンブル依存症対策審議会

責任あるゲーミングへの取り組み

01
カジノへの入場規制。 ・未成年者の入場禁止 ・家族申請による入場禁止 ・破産者もしくは、生活保護対象者の入場禁止 ・有罪判決を受けた人の入場禁止
02

入場抑制するための入場税徴収。

03

顧客が掛け金の上限を自身で設定できるロスリミットプログラムを設ける。

04

問題のあるギャンブラーに対し、プロフェッショナルカウンセリングサービスの情報を提供する責任あるギャンブルプログラム。